法人概要

<基本理念>

社会福祉法人 武蔵野千川福祉会 基本理念

  これまで私たちは、武蔵野千川福祉会のもとで、障害のある人の労働を発展させるとともに、地域生活の基盤づくりの努力し、さらに全体的な福祉の増進をめざして、今日まで歩んできました。
  しかしながら、制度・実践・事業・運動面等においてまだまだそのことが十分に成熟したとはいえません。
  それは、おそらく今後も対応が迫られるであろう学校卒業後の課題、あるいは実践におけるよりきめこまやかな対応、家族の安定、さらには生活における総合的な保障などであります。
  そこで、武蔵野千川福祉会を核にすることは言うまでもありませんが、基本理念を確認し、職員のさらなる奮闘を期待しつつ、家族、市民および関係者と手を携えて、その実現に向けて邁進していきたいと思います。

< 私たちのめざすもの >

 障害のある人の人権、労働、生活を守り発展させ、要求に応えることに全力をつくします。

 障害のある人並びに家族の安心・安定・安全を創り出していくための事業を推し進めていきます。

 地域での暮らしを豊かなものにするために、障害のある人に関わる総合的な保障を追求していきつつ、地域を耕す努力をします。

 障害のある人の人権ならびに福祉事業に対する理解を、多くの市民と連携を図りながらすすめていきます。

 武蔵野千川福祉会のもと、運営・実践・事業・運動の要である職員は、個々の力量及び集団の力量を高めるため、たゆまざる学習、研究をすすめます。

 共同、共通する多くの福祉関係者並びに団体と連携しながら、ともに運動をすすめます。


<沿革>

1976年
(S.51)
東京都武蔵野市八幡町に「千川作業所(小規模作業所)」を開所(東京都で3番目の作業所)
1977年
(S.52)
6月 東京都障害者作業所連絡会設立(現:きょうされん東京支部)
8月 共同作業所全国連絡会設立(現:全国きょうされん)
1981年
(S.56)
国際障害者年
千川作業所がきょうされん全国大会(東京大会)の事務局となる
1987年
(S.62)
通所者増加に伴い、西久保に「第二せんかわ作業所」を開所
(のちに「チャレンジャー」へ改称)
1990年
(H.2)
中町に「むさしのワークス」を開所(2006年に「「チャレンジャー」へ統合)
・・・個々の働く力を最大限に発揮できるように、各就労支援事業所を利用者の働く力に応じて機能分化する
1999年
(H.11)
「特定非営利活動法人むさしの千川福祉会」として認証される
武蔵野市単独補助による障害者ショートステイ事業として桜堤に
桜はうす・今泉」を開所
2001年
(H.13)
グループホーム「天の甍」を開所(武蔵野市初の障害者グループホーム事業)
2002年
(H.14)
特別支援学校卒業生の増加に対応し、関前に「ワークイン関前」を開所
2003年
(H.15)
社会福祉法人武蔵野千川福祉会」として認可される
2005年
(H.17)
企業等での就労をすすめるため、境に「武蔵境ワーキングセンター」を開所(2008年境南町へ移転)
2か所目のグループホーム「関前桜寮」開所
2006年
(H.18)
市内三法人共同運営の「武蔵野市障害者就労支援センターあいる」が開設され、職員を派遣
2007年
(H.19)
障害者自立支援法に定める事業へ移行
就労移行支援事業就労継続支援B型事業グループホームケアホーム
2008年
(H.20)
2か所目のショートステイ事業として吉祥寺南町に「井の頭はうす」を開所(自立生活体験事業開始)
3か所目のグループホームとして境南町に「境南葵寮」を開所
2009年
(H.21)
各就労支援事業所の機能充実のため、中町に「ワークイン中町」を開所
(千川作業所で生活介護事業を開始)
2010年
(H.22)
桜はうす・今泉で2か所目の自立生活体験事業「トライはうす桜」開始
障害児への取り組みとして障害者福祉センター内に「千川さくらっこクラブ」(放課後児童健全育成事業)、「千川おひさま幼児教室」 (児童発達支援事業)を開所
2011年
(H.23)
6か所目の就労支援事業所として八幡町に「八幡作業所」を開所
2012年
(H.24)
4か所目のグループホーム(初のケアホーム)として吉祥寺南町に、「吉祥寺泉寮」 を開所(2月)
2015年
(H.27)
5か所目のグループホームとして関前に、「関前上水寮」 を開所
高校生までの児童を対象とした「千川さくらんぼクラブ」 (放課後等デイサービス事業)を開所


<組織図>

▲画像をクリックすると拡大表示されます。